あらら商事は本日も快晴なり

あらら商事のユーモラスなある日のできごとをお届けします

ヒグマ現るー但し、フィギュアだけどね

デコ山君のパソコンの後ろに、何やら見える。早速マルシマさんが手に取って聞く。「このクマ、どうしたの?」

だがデコ山君は、「何っすか、それ?」と知らなげだ。
となると・・・、丁度そこへ、前の席のガリタ君が現れた。

「これ、ガリタ君が置いたの」と聞けば、そうだという。でも、よりによって、人の机へひっそりと置くとは、まったくガリタ君らしい。

ガチャガチャで取ったけど、本当は、牡蠣のフィギュアが欲しかったという。ヒグマだったから、すぐ側で見るよりも遠目がいいと思ったそうだ。だが、10センチ程の違いだ。まったく意味不明だ。

おまけに、牡蠣のフィギュアのどこがいいのか、こちらも謎だ。すると、貝が開くようになっていて、開けると、中に牡蠣が入っているんですときた。

俄然興味を示したマルシマさんが、それが出るまで、ガチャガチャやり続けてねと、注文を出している。

そこへシズカちゃんが、クマの口に鮭を加えさせたらどうかしらと提案する。負けじと、マルシマさんも、頭には、イクラの冠もいいわねと応じる。

(俺を何だと思っているんだ、威厳どころか、面白グマになってしまうだろう。まったくあらら商事の奴らときたら・・)と、ヒグマが思ったかどうだか。


本日のお説教
動物も人同様、相手の威厳は尊重しましょう。