あらら商事は本日も快晴なり

あらら商事のユーモラスなある日のできごとをお届けします

太っ腹になり損ねたイガグリさん

あらら商事・東京支店では、上海支店からのお客様を迎え、有志による懇親会が開かれることになった。

その会費が高いとごねたのは、ハラハラ部長であった。
「なんで部長が1万円なんだよ」と、イガグリさんに文句を言っている。
「しょうがないでしょ。ちょっと高い店にしたんだから」と、イガグリさんも引かない。
「それじゃ、お前支店長なんだから、2万円出せ」と、過激なことを言う。
「俺は、括弧付き支店長なんだから、手当出てないんです」とやり返す。
「じゃあ、もっと安い店に変えろ」と、頑張るハラハラ部長。

そこでマルシマさんが、イガグリさんにこっそり入れ知恵しに行った。
「俺が3万円出すから、ガタガタ言うんじゃねえと言えば、黙るよ」
だが、「そんなの嫌だ」と承知しないイガグリさん。

結局、店を変更して、会費も下げた。

すると驚いたことに、いきなり全額会社負担になってしまった。
それはそれで、一言言わずにはいられない性格のハラハラ部長だ。
「最初から分かっていたら、店変えなくてもよかったのに、なんだよ」

ささいな事が、一悶着に発展して、何が何だか分からないうちに決着するのが、あらら商事流だ。

本日のお願い
その情熱と時間を、せめて仕事に向けて下さい。