あらら商事は本日も快晴なり

あらら商事のユーモラスなある日のできごとをお届けします

イガグリさんの災難 その3

イガグリさんが松葉杖で通うようになって一週間過ぎた頃、足がとんでもなくひどい状態になっていた。
くるぶし辺りからつま先まで腫れ上がり、色も変色している。切るようになりかねない事態かもと、優しい同僚から散々脅しのような忠告を受けたイガグリさん。とうとう休んで様子を見る事にした。だいぶ前に亡くなった自分の父親が、壊疽で足を切らざるをえなかった時と同じ色にイガグリさん自身驚いていた。
優しい皆さんが、出張を止めろと説得してくれたのも、今ではありがたかったと思うイガグリさんであった。あの時は、かなり抵抗したが、と安堵していた。
続く